オンデマンド転写(DTFプリント)
インクジェットプリントをした転写フィルムを使用し、プリントされた部分のみを生地に熱プレスして転写させるプリント方法です。 世界的にはDTFと呼ばれている印刷手法で、DTFは"Direct to Film"または "Digital Transfer Film"の略称です。 2020年の春頃にヨーロッパなど海外で普及し始め、2020年の秋頃から世界で急速に拡大しており、幅広いアイテムに高品質で1枚からプリントできます。

オンデマンド転写(DTFプリント)のここがポイント!


水性顔料インクを専用フィルムにプリントし、熱プレスをかけて転写させる方法で、従来よりも鮮やかで滑らかな質感のフルカラー表現が可能になりました。
 
ホワイトインクを使用することで、フルカラー・単色のデザインどちらもより発色の良さが際立ちます。
鮮やかなフルカラー再現
オンデマンド転写(DTFプリント)画像_1_滑らかな質感のフルカラー表現
滑らかな質感のフルカラー表現
オンデマンド転写(DTFプリント)画像_2_グラデーションや写真も色鮮やか
グラデーションや写真も色鮮やか
デザインの周囲にフチがつかず、デザインそのままのプリント
従来の転写プリントではデザインの周囲にフチがつくケースもありましたが、オンデマンド転写はフチがつかずイメージそのままの仕上がり!
 
ロゴやイラストなどのデザインも忠実にプリントします。
 
オンデマンド転写(DTFプリント)画像_3_オンデマンド転写(DTFプリント)
オンデマンド転写(DTFプリント)
オンデマンド転写(DTFプリント)画像_4_フルカラーカッティング
フルカラーカッティング
細かなデザインもきれいにプリント&優れた耐摩擦性
従来の転写プリントではなかなか再現が難しかった細やかなデザインもオンデマンド転写ならイメージ通りに再現します。
 
色落ちや生地の伸びによる割れにも強く、洗濯耐性が高いところも特徴です。
 
オンデマンド転写(DTFプリント)画像_5_オンデマンド転写(DTFプリント)
細い文字もくっきり
オンデマンド転写(DTFプリント)画像_6_フルカラーカッティング
細かなデザインも鮮明に再現
版代不要!小ロットから低価格で作成できます
製版不要で何色使用してもプリント料金は変動無し!
 
従来の転写プリントに比べ製造コストのカットに成功し、1点・小ロットから大ロットまで欲しい数量で作成しやすいのも嬉しいポイントです。
 
オンデマンド転写(DTFプリント)_アイコン
CMYK+白で表現できる色ならどの色を使ってもOKです!
オンデマンド転写(DTFプリント)_アイコン
熱転写プリントのため製版が不要、版代がかかりません!
オンデマンド転写(DTFプリント)_アイコン
ホワイトからブラックまでどんな生地色でも使えます!
オンデマンド転写(DTFプリント)_アイコン
インクジェット不可のポリエステルでも使用可能!

これまでの転写プリントとの違い

これまではラバーシートにインクジェットプリンターでプリントしてから、カッティングマシンで輪郭を切り抜き、熱と圧力をかけてメディアにシートを定着させる方式が主流でした。

問題点としてカッティングマシンでシートをカットするので複雑なデザインや小さな文字を切り抜く事が難しく、作業工程も多いため量産には不向きな事と、デザインにより難易度に大きな差が出る点がありました。

オンデマンド転写(DTFプリント)は、印刷されたインク部分のみが転写される為、転写プリントの欠点を補う画期的な印刷方法としてこれからの転写プリントの主流になると考えられます。
 
これまでの転写プリントとの違い
転写シートにプリントされたデータ
生地に熱圧着して転写されたデータ

インクジェットプリント(DTGプリント)との違い

インクジェットプリント(DTGプリント)は、綿素材のシャツやバッグにインクジェットプリンターで直接インクを吹き付けて印刷するプリント方式です。

プリント後に熱処理をする事でインクを素材に定着させ擦過性、洗濯堅牢度を高めます。

インクジェットプリント(DTGプリント)は、生地の色により印刷方法が変わります。

白やナチュラルなど色が薄い生地は、カラーインクを生地の上にプリントして定着させます。

濃色カラーの生地は、印刷前に生地に前処理剤を吹き付け、更に白インクで下地をし、その上にデザインをプリントいたします。


オンデマンド転写(DTFプリント)は、生地の色で印刷方法を変える必要が無く、コットン(綿)以外の幅広い素材(例:ポリエステル・ナイロン・木材・革製品など)にプリントすることができるのがインクジェットプリント(DTGプリント)との大きな違いです。
 
 インクジェットプリント(DTGプリント)との違い

入稿データ作成上のご注意

プリントしたくない背景画像は丁寧に除去を
プリントしたくない背景画像は丁寧に除去をして下さい。

写真やイラストなど入稿する画像やデータに背景がついている場合は背景もプリントされてしまいます。不要なデータは必ず除去してからご入稿ください。
 
また画像編集ソフトでデータ作成をする場合、自動選択ツールで背景画像を選択して除去すると、背景の選択が充分ではなく背景画像データが残ってしまうことがあります。

またきれいに除去したつもりでもアンチエイリアスがかかっていて半透明部分が残ることがあります。

わずかでも濃度が0%ではないデータ(ほぼ透明だったとしても)があると白の下地がついてしまい、ご希望の仕上がりにならない可能性がありますので、背景は丁寧に細かく除去してください。
オンデマンド転写(DTFプリント)画像_7_オンデマンド転写(DTFプリント)
背景を消し忘れると、白の下地がついてしまいます
文字や線などの細かなプリント再現について
0.5mm以下の細かい線や文字、デザイン、1mm以下のドットについては白の下地が表出してしまったり、転写自体が正しく行われずにプリントが欠け、剥がれが起こる恐れがあります。

また、プリントする素材によっても異なる場合がございますのでご注意ください。
オンデマンド転写(DTFプリント)画像_8_オンデマンド転写(DTFプリント)
0.7mm以下の細い線は、下地の白がズレたり、剥がれる恐れがあります。
ぼかし効果やグラデーション、半透明表現は不可
半透明色を指定している箇所や透過処理によるぼかしやグラデーション表現をされている箇所は白下地が表出してしまうか、あるいは転写自体が正しく行われずにデザインが欠けてしまう恐れがあります。

また、辺や線が垂直または水平ではない画像で、辺や線にアンチエイリアスがかかっている場合も、当該アンチエイリアス箇所に白下地処理が行なわれ、その白下地がフチのように表出することがあります。
 
不要なデータは必ず削除を
ご入稿データに(本当はプリントしたくない)データが残っていた場合でも、当該データの要不要の判断をすることができないため、ご入稿データのままプリントを致します。そのため、不要なデータは必ず削除してください。
 
例えばデザイン作成時にデザイン確認のためにブラックの背景をつけていて、そのままブラックのボディに入稿されると、その背景色のついたデータのままプリントしてしまいます。
パスを含むデータ・効果を使用したデータは必ずラスタライズを
Adobe Illustratorなどを含むグラフィックソフトを使用し、パスを含むデータや、スウォッチ登録したパターン柄などの効果を使用したデータでラスタライズ(=1枚の画像データにすること)をしていないと、ご希望の仕上がりにならない可能性があります。
画像は解像度300dpi
写真データやイラスト画像データ等を実寸以上に引き伸ばして使用すると、仕上がりが粗く仕上がってしまいます。

オンデマンド転写プリントをご希望の場合は、入稿データは実寸で300dpiでご準備ください。

その他の注意点

※CMYK+白で表現可能なフルカラープリントのため、金色・銀色・蛍光色・特色はプリントできません。
※カラーインクのプリント後、白インクを下地としてプリントするため、わずかに下地とカラー面とでズレが生じる場合があります。
※プレス圧が均一に届かない凹凸のある素材、縫い目など段差のある部分にはプリントできません。
※加工特性上、同じデザインでご入稿いただいた場合でも、温度や湿度、加工機の個体差により仕上がり色に違いが出る場合があります。

仕上がりについて

熱プレスによる転写プリントというプリント方法特性上、お届けしたアイテムの形状やプリントデザイン形状によっては、プレス跡が残ることがあります。
このプレス跡は、大抵の場合一度の洗濯で解消されますので、ご到着後一度洗濯していただくことをお願いしております。
(一度の洗濯で解消されない場合でも徐々に軽減します)

また、アイテムの生地によっては、プリントする際の糊が生地の裏側へ抜けたことによるざらつきが残ることがございます。

高温の環境では糊が再度溶け出す可能性があるため、乾燥機のご使用はお控えいただき、お客様にて商品にアイロンがけを行う際は、生地の下にクッキングシートなどを敷いてから行ってください。

誠に恐縮ながら、糊抜けやプレス跡の表出による返品・交換につきましてはご遠慮ください。

※一度転写した箇所へ直接アイロンをかけると転写デザインが溶けてしまうおそれがあります。再度アイロンかけるときは必ずあて布をしてから行ってください。
※クリーニング店でアイロンがけが行われる可能性があるため、クリーニング店への依頼はご遠慮ください。
※ご自身で転写を行う場合、転写箇所の裏側に糊が溶け出す場合があるため、生地の下にクッキングシートなどを敷いてからアイロンがけを行ってください。
※ご自身で転写を行う場合、素材や生地の状態によってはアイロン転写時に匂いが出る事があります。

オンデマンド転写対応商品(1)

オンデマンド転写対応商品(2)

オンデマンド転写対応商品(3)