.

インスタ Twitter Youtube LINE お問い合わせ
TOP
UV硬化インクジェットプリント
UV光(紫外線)に触れると硬化する樹脂を混ぜたインクを用いるプリント方法です。

UV硬化インクジェットプリントとは

対象物にインクを吹付けてUV光を照射することで瞬時にインクが硬化して定着。

これにより従来のインクジェットプリントでは対応できなかったスマホケースやアクリル板、アルミ缶、ボールペン等の硬質素材へのプリントが可能です。

また白インクをプリント面の下地としてプリントすることで、透明なメディア上で、より鮮やかな色彩表現もできます。
硬質素材でもプリントできる!フルカラーインクジェットプリント
硬質素材でもプリント
白インクを下地にすることで透明素材にも鮮やかにプリント可能!
その他キャンバスなど様々なアイテムで活躍
UV硬化インクジェット_アイコン1
CMYKで表現できる色ならどの色を使ってもOKです!
UV硬化インクジェット_アイコン2
ダイレクトプリントで製版しないので版代も不要!
UV硬化インクジェット_アイコン3
アクリル・木材・紙・革・金属など様々な素材に加工可!
UV硬化インクジェット_アイコン4
濡れてもインクが滲んだり 色落ちすることがありません!

出力色見本

UV硬化インクジェットプリントの出力色見本です。
元データ(CMYKカラー)
スマホ手帳型ケース(白下地なし)
パズル(白下地なし)
透明アクリルキーホルダー(白下地あり)
白色アクリルキーホルダー(白下地なし)
缶ケース(白下地あり)

入稿データ作成上のご注意

入稿データ作成上のご注意
1mm以下の幅のオブジェクト(線や文字含む)や1mm以下の隙間は、つぶれや擦れが生じる可能性があります。

例えばスクリーントーンのような細かいドット柄は特につぶれや擦れが起こりやすいです。
ぼかし効果やグラデーションは原則不可
白下地を敷くプリントの場合、不透明度100%未満のデータ部分でも白下地がはっきりとプリントされてしまうため、透過処理によるぼかしやグラデーションが表現できません。

辺や線が垂直または水平ではなく、かつ低解像度の画像でアンチエイリアスがかかっている場合も、当該アンチエイリアス箇所も白下地プリントがなされるため、下地が表出することがあります。
プリントしたくない背景画像は丁寧に除去を
画像編集ソフトで自動選択ツールで背景画像を選択して除去する場合、背景の選択が充分ではなく背景画像データが残ってしまうことがあります。

また綺麗に除去したつもりでもアンチエイリアスがかかっていて半透明部分が残ることがあります。

僅かでも濃度が0%ではないデータ(ほぼ透明だったとしても)があると、加工機が反応してプリントしてしまい、仕上がりがご希望通りではない結果になる可能性がありますので、背景は丁寧に細かく除去してください。
不要なデータは必ず削除を
ご入稿データに(本当はプリントしたくない)データが残っていた場合でも、当該データの要不要を判断できないため、ご入稿データのままプリントしてしまいますので、不要なデータは必ず削除してください。
パスを含むデータ・効果を使用したデータは必ずラスタライズを
Adobe Illustratorなどを含むグラフィックソフトを使用し、パスを含むデータや、スウォッチ登録したパターン柄などの効果を使用したデータでラスタライズ(=1枚の画像データにすること)をしていないと、ご希望の仕上がりにならない可能性があります。
画像は解像度400dpi
写真データやイラスト画像データ等を実寸以上に引き伸ばして使用すると、仕上がりが粗く仕上がってしまいます。

UV硬化インクジェットで使用する画像は実寸で400dpiでご準備ください。

その他の注意点

※CMYKで表現可能なフルカラープリントの為、金色、銀色、蛍光色、特色はプリントできません。
※素材によってはフルカラープリントと同時に同一形状にて白インクによる下地プリントするため、1mm以下の範囲で僅かに下地とカラー面とでズレが生じる場合があります。
※スマホケース等の柔らかな布地素材の場合、生地面が平坦ではないことで部分的にぼやけや滲みが生じることがあります。
※加工機特性上、段差のある箇所は正しくプリントできない恐れがあるため、対応しておりません。
※加工特性上、同じデザインで入稿いただいた場合でも、温度や湿度、加工機の個体差により仕上がり色に違いが出る場合があります。

仕上がりについて

UV硬化インクジェットのプリント方法特性上、配送中の湿度や気温(特に高温多湿)によっては、キーホルダーや缶ケースなど1点ずつ個装してお届けしているアイテムで、ごく稀にプリント面が台紙やOPP袋等に貼り付いてしまっていることがあります。

その場合、大変恐縮ですが強く引っ張ったりめくったりせずにせずにゆっくりと剥がしてください。

剥がした際に台紙の一部が残ってしまった際は一度水に濡らして拭いて頂くとプリント面に影響なく台紙のみが剥がれます。

◎加工に使用しているインクの特性上、アルコール液やエタノール液で印刷面を拭くとプリントが剥がれる恐れがございますのでお控えください。

色の表現について

デザインデータの色について、PCやスマホのモニターでは色域の広いRGBで表現しますが、実際のプリントは色域の狭いCMYKで表現します。

そのため、RGB色域の鮮やかな色はCMYKでの近似色に置換されることになります。

またRGBで作る色は光の掛け合わせですがCMYKで作る色は実際のインクの掛け合わせになりますので、ご希望の色よりも発色度合や色彩度・明暗度等が異なってプリントされることがあります。また生地の種類によっても仕上がりカラーに差異が生じます。

メイクル.jpでは、色の表現精度向上のため様々な取り組みを進めておりますが、色の忠実な表現について、ご希望にお応えできない場合があることを予めご容赦ください。
 
色の表現について